企業主導型保育園とは?

企業主導型保育園イメージ

企業主導型保育とは、内閣府が平成28年度から始めた取り組みを指し、 多様な働き方に対応した保育サービス拡大を行い待機児童解消をはかり、仕事と子育てとの両立を支援するのが目的です。 企業のニーズに応じて、会社が保育所を設置・運営することを助成する制度となっています。 設置・運営に関してはアルクグループ・株式会社ライフイノベーションが行いますが、契約企業枠契約をお結び頂くことで 様々なメリットが御座います。

利用枠契約会社 メリット

会社負担は0円

ご契約にあたり、契約料などの会社負担は一切ございません。

女性活躍の促進

女性をはじめとする従業員が、結婚、妊娠、出産、子育てというライフステージにかかわらず働き続けやすくなります。

優秀な人材採用・確保

従業員のワーク・ライフ・バランスに真摯に取り組む姿勢から企業の魅力が向上することで、優秀な人材の採用・確保にとっても非常に有効です。

地域貢献

地域の子どもを受け入れますので、待機児童の解消に資するという大きな地域貢献になります。

企業イメージの向上

子育てに優しい企業であるとの企業イメージの向上にもつながります。

企業枠契約に関するお問合せ等は
電話番号:0172−33−7801